VitaNote(ビタノート)

VitaNote(ビタノート)運営の株式会社ユカシカドって?評判をチェック!

↓今すぐ【VitaNote|ビタノート】をチェックするなら↓


簡単検査であなたの栄養状態改善サポートをしてくれます!

毎日忙しくて、食事の偏りや健康状態が気にはなっているけれど、じっくりと体に良いものだけを調理して食べる時間が無いという方!

もしもインターネットを介して簡単に健康状態、体の栄養状態がチェックできるツールがあるとしたら、興味がありませんか?

(株)ユカシカドが提案する個人の栄養バランスチェックサービス「VitaNote(ビタノート)」は、採尿し郵送するだけで簡単に栄養状態を分析!

足りていない栄養素をスマホでデータチェックでき、酸化ストレスの計測による体のサビ付きだってわかりますよ。

こんな手軽で便利なツールを開発した株式会社ユカシカドってどんな会社?

他にはどんな実績がある?

評判も気になりますね。

そこで今回は

『VitaNote(ビタノート)運営の株式会社ユカシカドって?評判をチェック!』
について情報をシェアしたいと思います。

VitaNote(ビタノート)運営の株式会社ユカシカドって?

VitaNote(ビタノート)運営 株式会社ユカシカド

◇栄養ビジネスに特化した (株)リクルート出身の社長が率いる期待のスタートアップ!

株式会社ユカシカドは2013年に設立され、まだ歴史がそう長いわけではないですが、近年事業の急成長をとげている会社です。

2018年には経済産業省主催の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」で優秀賞を受賞。

同年、大阪市スポーツ振興事業「舞洲プロジェクト」で有望企業にも選ばれています。

社長の美濃部慎也さんが学生時代はアメフトの選手で、選手時代に栄養管理に苦労しケガで選手生命を絶たれたことから、栄養について興味を持ちました。

また発展途上国で栄養についての意識が低く病気につながっている現状を目にし、夢に向かい努力する人を栄養面で支えたいと志したのが会社の起源です。

社長は(株)リクルートでビジネスを学び、ネットでの食品宅配が好評のオイシックスにも出向して経験を積みながら、研究者に栄養ビジネスについて相談。

リクルートを退社し、2013年にユカシカドを起業します。

その後、2017年に念願のビタノート販売をスタート。

自宅で採尿して郵送だけで栄養状態を把握できると一般の方はもちろん、アスリートにも話題となっています。

またこのサービスは滋賀県立大学、「日本人の食事摂取基準(厚生労働省)」策定医師、専用検査センターとの産学医連携であることも注目されています。

社名の「ユカシカド」の意味は、ゆかし=好奇心、かど=才能、を表す古語で、好奇心と才能にあふれた会社、才能ある人を支える会社という意味。

ユカシカドが掲げる理念にも「1hero 1mission」とあり、すべての人に人生をかけて成し遂げるべきMissionが必ずある、としています。

栄養、という分野に特化して自分のmissionを自覚し、初志貫徹で世のためになる新しいサービスを生み出し続けている姿勢は素晴らしいです。

ちなみに、ユカシカドの経営顧問には島田亨さんが名を連ねていますが、この方はあの楽天球団の元オーナーですね!

楽天球団創設時にも三木谷社長と会見に臨む姿が放送され知名度も高く、つい最近も知る人ぞ知る実績、人脈とその豪邸がテレビ番組で紹介されていました。

2014年に楽天の代表取締役に就任後、2017年からはユカシカドの経営顧問も務めています。

こうした実績のある方が経営を守っているというのも、株式会社ユカシカドが将来有望な企業であると言えますね。

↓【VitaNote|ビタノート】の公式HPはこちら↓

ボタン

健康に対するコスパの良いサービスになっています!

VitaNote(ビタノート)運営の株式会社ユカシカドの評判をチェック!

◇他に類を見ないサービスが日経新聞など多数のメディアで度々注目されている!

では株式会社ユカシカドの評判はどのようなものでしょうか。

ユカシカドについては日本経済新聞でも何度も取り上げられ、その他メディアでも健康・スポーツ分野を中心に多数取り上げられています。

近年ランニングやジム通い、ヨガやウォーキングなど健康意識が全国的に高まっている影響もあり、手軽に自宅で検査を依頼できる点が注目されています。

またユカシカドの社員は既婚者が8割、うち5歳以下の子供がいる人が7割を占め、家族の健康についても意識の高い社員が多いのが特徴ですね。

社内環境としても子供の関係で早退などが生じても時間や働く場所が柔軟にでき働きやすいと評判になっています。

社会的な評価としても、2018年夏にはSMBCベンチャーキャピタル等3社を引受先として約2億円を調達したことが話題となっています。

これも株式会社ユカシカドの今後が有望視されているからこそと言えますね。

他に週刊ダイヤモンド「日米ヘルステック・スタートアップ注目20選」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも取り上げられ評価はうなぎ登りです。

まとめとして

自分がどれくらい栄養を採れているかと気にする人は多いでしょうが、実際それを手軽に可視化できる仕組みというのはありそうでなかった発想です。

しかもそれを学生時代から何年もかけて考え続けていたユカシカドの美濃部慎也社長は信念があり人としての見どころがかなりある方だと感じます。

ぜひこれからも便利で役立つ新しいツールを開発して欲しいですね。